紅型柄 バケツ型トートバッグ 気仙沼の海の生き物たち 白


gruppoオリジナル薄手キャンバス地と無地オックス地を使い制作しました。

この紅型デザインは、紅型工房 虹亀商店さんです。
モチーフは、宮城・気仙沼の海にいる生き物たちのモチーフで、
ワカメ・サンマ・カツオ・マグロ・マンボウ・ウニ・アワビ・カモメなどが描かれています。
ドラゴンフルーツと八重山の動物たちの姉妹品にです。
『震災前ように、気仙沼の海が活気づき いつまでも忘れてないで欲しい』と
いう願いを込めて制作しています。
生地の裁断する位置で、全て異なった配色・色合いになってます。
洋服や気分に寄ってお使い頂けるように、リバーシブルになっております。
ペン専用ポケットと鍵・携帯電話などを入れられる大きさのポケットを付けました。
A4サイズが入れられる大きさで、底は丸いマチがついており、たくさん入ります。
とても使いやすいバッグになってます。サブバッグとしてもお使い頂けます。
本革にgruppoマークを焼印したタグが両面についております。


■素材
紅型部分(キャンバス地):綿100%
生地部分(オックス地):綿100%
ハンドル部分:ナイロン100%
皮革タグ:本革使用

■サイズ
横:29.5cm 縦:30cm 底のマチ:直径19.5cm
ハンドルの長さ:38.5cm ハンドルの高さ:17.5cm
重さ:178g



■紅型(びんがた)とは…
沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つです。
沖縄の「紅型(びんがた)」は、京友禅・加賀友禅・江戸小紋と並ぶ日本の代表的な伝統染色であり、
その起源は約500年前とも云われ、南方の更紗や中国の型染の技法の影響の下に原形が作られ、
その後大和のデザイン、染色手法等が加わり琉球独自の技法と模様を確立しました。
南国の澄みきった鮮やかな風土の中に色彩ゆたかな「びんがた」の赤・黄・青・緑・藍の色が調和して
華麗でいて、そして素朴な美しさを見せております。
「びんがた」を染める技法には、「型染」と「筒引」の二通りがあり
標準工程は、図案→型彫り→型置き→色差し→隅取り(ボカシをつける)→糊伏せ→地染→蒸し→水洗
→色止め→仕上げの順で行われます。
生地は、木綿・麻・絹などが使われ、顔料と染料をたくみに使い合わせております。

琉球王朝時代より発展し続けてきた「びんがた」は、若い人たちに伝承され、今尚その美しさを保っております。


★紅型部分は、裁断によって柄が異なりますので、ご了承ください。
★在庫がない場合、制作してからの発送になります。
 2週間ぐらいお時間頂く事もありますので、ご了承ください。


定価 4,644円(税込)
販売価格 4,644円(税込)
購入数


Top