紅型柄 がま口ポーチ 八重山のかりゆし 


gruppoオリジナルの薄手の綿生地と、裏地部分は綿or綿麻素材の生地で制作したがま口ポーチです。

この紅型デザインは、紅型工房 虹亀商店さんに、gruppoオリジナルの生地柄としてデザインしていただきました。
モチーフは、八重山のおめでたいお祭りなどに登場する神様・道化師・凧・旗・旗頭などが描かれてます。
石垣島のアンガマ・ミルクさま・獅子・旗・旗頭・凧・みんさーの『五』『四』、小浜島のダードゥーダー・西表島のオホホなどが描かれてます。

柔らかくて ちょうどいいサイズの、とってもかわいいプラフレームのがま口ポーチです。
小銭入れとしてはもちろん、バッグの中のちょっとした小物いれとしてもお使いいただけます。
小さいのに以外とたくさん入る優れものなので、大切な方へのプレゼントにもオススメです。


紅型デザインは、生地の裁断する部分により柄・色合いが異なりますのでご了承ください。
がま口部分の色は、色々な色で制作しております。
ご指定がない場合には、こちらでお選びさせて頂きます。
ご希望の色がありましたら、気軽にお問い合わせ下さい。



■素材
紅型部分(プリント部分):綿100%
裏布部分:綿100%or綿麻
がま口部分:プラスチック製

■サイズ
外観 高さ:11.5cm 横巾:11cm
がま口の大きさ(口を開けた状態) 高さ:6cm 横巾:7cm
重さ:33g


■紅型(びんがた)とは…
沖縄を代表する伝統的な染色技法の一つです。
沖縄の「紅型(びんがた)」は、京友禅・加賀友禅・江戸小紋と並ぶ日本の代表的な伝統染色であり、
その起源は約500年前とも云われ、南方の更紗や中国の型染の技法の影響の下に原形が作られ、
その後大和のデザイン、染色手法等が加わり琉球独自の技法と模様を確立しました。
南国の澄みきった鮮やかな風土の中に色彩ゆたかな「びんがた」の赤・黄・青・緑・藍の色が調和して
華麗でいて、そして素朴な美しさを見せております。
「びんがた」を染める技法には、「型染」と「筒引」の二通りがあり
標準工程は、図案→型彫り→型置き→色差し→隅取り(ボカシをつける)→糊伏せ→地染→蒸し→水洗
→色止め→仕上げの順で行われます。
生地は、木綿・麻・絹などが使われ、顔料と染料をたくみに使い合わせております。

琉球王朝時代より発展し続けてきた「びんがた」は、若い人たちに伝承され、今尚その美しさを保っております。


★紅型部分は、裁断によって柄が異なりますので、ご了承ください。
★がま口部分の色は、様々な色で制作しておりますので、
 画像の色と異なる場合もございます。
 ご希望の色がございましたら、注文の際 備考欄にご記入ください。
★がま口部分はプラスチック素材なので、お取り扱いによっては破損の恐れがあります。
 お気をつけてご使用下さい。
★在庫がない場合、制作してからの発送になります。
 2週間ぐらいお時間を頂く事もありますので、ご了承ください。


定価 2,200円(税込)
販売価格 2,200円(税込)
購入数


Top